増毛やカツラに関して

サロンの増毛ってどんな種類があるのか。

腕組して悩む女性
増毛には大きく分けて、結毛式、編み込み式、接着式の3つに分けられます。

この3つの方法についてご紹介します。

結毛式の増毛

結毛式の増毛は、自毛の根本に何本かの人工毛を結びつけることにより髪の毛を増やす方法です。

自毛に結びつけて増やすため仕上がりが自然で、通気性がよくて頭皮への負担が少ないです。
特別な手入れもほとんど必要ありません。

ただし、自毛が伸びるとその根本に結びつけた人工毛も浮き上がってくるため、定期的にサロンに通ってメンテナンスを受けなければならず、お金と時間がかかります。

また、自毛が抜けるとそこに結びつけた人工毛も一緒に抜け落ちます。

編み込み式の増毛

編み込み式の増毛は、自毛に特別な糸を編み込み、頭全体に土台を作り、そこに人工毛を植え付ける方法です。

結毛式の増毛に比較的近い特徴を持っていて、仕上がりが自然であり、特別な手入れも必要なく、風通しがよくて頭皮への負担が少なくなっています。

また、結毛式よりも耐久性があります。

結毛式と同じく、自毛が伸びるとそこに編み込んだ土台も浮き上がって来るため、定期的にサロンでメンテナンスを行う必要があり、お金と時間がかかります。

接着式の増毛

接着式増毛は、人工毛を植え付けたシートを頭に貼り付ける方法です。

貼るだけなので、手作業で行う結毛式、編み込み式より手軽であり、費用も安くなる場合が多いです。
技術の進歩により耐久性もかなり高くなりました。

結毛式、編み込み式は、自毛が少なすぎると実施できないことがありますが、接着式ならそういう問題は起こりません。

ただし、逆に髪の毛が残っている場所に増毛シートを貼りたいときは、髪を剃らなければなりません。

また、肌に直接シートを貼り付けるため、他の方法より頭皮に負担がかかり炎症が起こることがあります。
見た目も不自然になる場合があります。

現在の増毛技術は昔と比べて何が違うのか?

増毛にかかせないのが人工毛になります。

天然の人毛を使う場合もありますが、薄毛対策の場合は人工毛を使うのが主流です。

昔の人工毛は確かに不自然なところがあってにせ物であることがばれやすかったですが、今では自然に見えるように数々の改良が加えられ、本物とほとんど見分けがつかないほどになっています。

まずはじめに、
人工毛は軽くなりました。

風が吹いても実際の髪と同じようになびくのでばれる心配がありません。

以前は触感によっても人工毛であることがばれやすかったのですが、今はさわり心地もふんわりして本物に近いです。
また、人工毛は一種のプラスチックなので以前は熱に弱かったのですが、改良の結果ドライヤーが使えるようになりました。

ドライヤーの熱に反応してスタイリングしやすくなる人工毛さえあります。

最近では、キューティクルのつやを再現する人工毛まで出て来ました。

あらかじめ髪を植え付けたシートを頭皮に貼り付ける接着式増毛という方法で使われる接着シートも長足の進歩をとげました。

以前は肌とシートの境目が分かりやすかったため、生え際を隠すことが多かったのですが、現在はシートが0.1ミリ以下と非常に薄いものが現れ、肌との境が分かりにくくなりました。

薄い上に強度や耐久性も確保されています。

シートをくっつけるのに使う接着剤も、長い開発努力の末に、水に浸けたりしてもはがれにくく、通気性もよく、肌への負担が少なくてかぶれにくいものが使われるようになりました。

-増毛やカツラに関して