MENU

抜け毛を促進させる食べ物・食生活の傾向について

人は見かけで判断される。。。

 

そんな言葉が示す通り、他人を外観で人を判断する人はまだまだ多く存在しています。
また、初対面であればまずは見た目でその人の印象を判断するでしょう。

 

髪の事だけでなく清潔感や誠実さなども含め。
ですが、それの視線が集まりやすいのが髪型であるのは変えようのない現実です。

 

とはいえ、ストレスだけで薄毛になっていくわけではありません。
薄毛には、幾つかの要素が挙げられています。

 

毎日の食生活の積み重ねからカラダは出来ている

男性ホルモンや遺伝要素等など様々な原因があり、その一つに食事が挙げられています。
食事は、多くの人が毎日複数回普通に行っているものですが、食事が原因の温床になっていることは少なくありません。

 

その最大の原因が、不規則な食事といえます。
偏食による栄養不足や栄養過多。
生活習慣病なども原因と言えるかもしれません。

 

それはさておき、ホルモンやストレスと違い。
食事は自分で改善が可能になります。

 

食事では、緑黄色野菜やたんぱく質をバランスよく摂取することで改善が見込めるそうです。とはいえ、食事にばっかり気を掛けていればストレスになりかねません。
やるべきよりも、止めておくべきことを気に掛けている方が健全な心身とするならば、避けるべきポイントを押さえておくことが大事かもしれません。
そもそも前提として髪の毛も細胞であるという事を忘れてはいけません。

 

肌と同じです。
血流が悪くなることを避けることを考えることが大切です。
次に毛穴を清潔に保つことが大切です。

 

何処かで訊いたかもしれませんが肥満対策と同じで、肥満になるような食事の仕方を選択してはいけません。
ということを考えれば、習慣的に避けるべきは、

  • 寝る直前に食べる。
  • 食べ過ぎる。
  • 過度及び急激なダイエットをする。
  • 外食ばかりをする。

ということが、薄毛促進に繋がるのかもしれません。
食べ物のとしては、塩分の多いもの。
動物性脂肪を多く含むもの。糖分の多いもの刺激物の多いもの。
等が挙げられます。

 

自由すぎる食生活と食習慣、それ自体が、抜け毛を生み出す土壌育成をしているのかもしれません。

関連ページ

抜け毛を予防する為に欠かせないシャンプーの事
抜け毛を止めたい!抜け毛を予防して自分の毛髪の健康を取り戻すために必要な事と、万が一のために抑えておきたい増毛・植毛のこと