抜け毛予防と育毛に関して

抜け毛を促進させる食べ物・食生活の傾向について

数々の緑黄色野菜と野菜ジュース

人は見かけで判断される。

そんな言葉が示す通り他人を外観で人を判断する人は、まだまだ多く存在しています。
ストレス社会に代表される視線。

それが集まりやすいのが髪型であるのは変えようのない現実です。

とはいえ、ストレスだけで薄毛になっていくわけではありません。
薄毛には、幾つかの要素が挙げられています。

毎日の食生活の積み重ねからカラダは出来ている

男性ホルモンや遺伝要素等など様々な原因があり、その一つに食事が挙げられています。

食事は、多くの人が毎日複数回普通に行っているものですが、食事が原因の温床になっていることは少なくありません。

その最大の原因が、不規則な食事といえます。
偏食による栄養不足や栄養過多。
生活習慣病なども原因と言えるかもしれません。

それはさておき、ホルモンやストレスと違い。
食事は自分で改善が可能になります。

食事では、緑黄色野菜やたんぱく質をバランスよく摂取することで改善が見込めるそうです。とはいえ、食事にばっかり気を掛けていればストレスになりかねません。

やるべきよりも、止めておくべきことを気に掛けている方が健全な心身とするならば、避けるべきポイントを押さえておくことが大事かもしれません。

そもそも前提として髪の毛も細胞であるという事を忘れてはいけません。

肌と同じです。
血流が悪くなることを避けることを考えることが大切です。

次に毛穴を清潔に保つことが大切です。

何処かで訊いたかもしれませんが肥満対策と同じで、肥満になるような食事の仕方を選択してはいけません。
ということを考えれば、習慣的に避けるべきは、

  • 寝る前に食べる。
  • 食べ過ぎる。
  • 過度及び急激なダイエットをする。
  • 外食ばかりをする。

ということが、薄毛促進に繋がるのかもしれません。

食べ物のとしては、塩分の多いもの。
動物性脂肪を多く含むもの。糖分の多いもの刺激物の多いもの。
等が挙げられます。

自由すぎる食生活と食習慣、それ自体が、抜け毛を生み出す土壌育成をしているのかもしれません。

抜け毛に良いとされるビタミン・ミネラルの関係

健康は健全な食生活と習慣から持続されると言われていますが、これは体調だけではなく、髪にも関係があるようです。
そもそも髪の毛も細胞。

健全な状態を維持することが大切になってきます。

とはいえ、食べれば抜け毛・薄毛予防になると思うのは早計。髪に必要な栄養素を摂取することが必要になります。

髪はケラチンと言われる18種類のアミノ酸が結合して形成するタンパク質の総称と言われています。

アミノ酸は食事からの摂取が必須

その中にあるメチオニンという必須アミノ酸は、体内で形成することができないとされているので食事で摂取する必要があります。

食物から摂取したアミノ酸は勝手に必要な栄養素になるというわけでもなく、結合することで必要な働きができるようになります。この合成に一役買うのがミネラルです。

特に髪の成長に必要とされるミネラルでは、亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素等が挙げられています。

抜け毛に良いとされる亜鉛や鉄分

亜鉛は過剰摂取すると健康被害を招く恐れもありますが、ケラチンの合成だけではなく、抜け毛の原因とされる酵素の抑制をも行います。

鉄分は体中に酸素を供給する役割を担うことで肌環境の整備にも一役買い、マンガンはケラチンの合成に欠かせず、ヨウ素は食物から摂取多栄養を吸収する役割をもつなど、ミネラルの欠如は髪だけではなく身体の色々な部分の問題にもつながります。

そんなミネラルに協力するのが、ビタミン類で、ケラチン合成をする亜鉛のサポートをするB6、頭皮環境を整えるのに効果的とされるB2、血行促進の一役を担うC等があります。

ミネラルとビタミン、どちらもそれぞれに相互協力し助け合う存在として、健康と髪には欠かせない栄養素のようです。

-抜け毛予防と育毛に関して